原因を知って症状改善|自律神経失調症の治療は心療内科で

体調を整えるためには

看護師

症状と何故起こるのか

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスが崩れることによって起こる症状の総称のことをいいます。症状はさまざまなものがあり、めまいや動悸、血圧が不安定になる、朝が起きられなかったり、耳鳴り、吐き気、頭痛に過呼吸、倦怠感や不眠症、生理不順などの身体的な症状から、人間不信やイライラ、うつ状態など精神的な症状などが引き起こされます。自律神経は血管やリンパ腺、内臓など自分の意思とは関係のない組織に分布する神経系で、呼吸や代謝、消化などの人間が生きていく上で必要な活動を行なっています。自律神経失調症になってしまうと、その神経のバランスが崩れてしまいさまざまな不調として現れるのです。原因は、不規則な生活、更年期によるホルモンバランスの崩れ、日常のストレス、薬物やアルコールの過剰摂取などがあげられます。治療することによって、症状を改善することができるようになることできちんと睡眠をとることができたり、気持ち良く食事をすることができるようなります。

効果の内容

自律神経失調症の原因はさまざまですが、原因に関係なく自律神経に効果的な生活を行なっていくことが大切です。一日の食事は三食きちんと摂取して、睡眠時間をしっかり確保していくことで自律神経のバランスを整えていくことができます。ストレスも自律神経の乱れに繋がるため、趣味を行なったり、リラックスできる入浴や音楽、アロマなどを活用したりする、身体の緊張をほぐすために軽く運動を行なったり寝る前にストレッチを行なってみるなども有効となります。自律神経失調症の原因である自律神経の乱れを改善するためには、食事の内容も重要となってきます。大豆や豚肉などに多く含まれているビタミンBを積極的に摂ったり、チーズや小魚に含まれるカルシウムはイライラや不眠などの自律神経失調症の症状を緩和するのに効果的で、柑橘類や緑黄色野菜に含まれるビタミンCにはストレスを解消する効果があるため予防をするのに効果的です。また、漢方薬による治療や鍼灸・マッサージによる治療なども有効な場合があります。