原因を知って症状改善|自律神経失調症の治療は心療内科で

要因が見当たらない病気

頭を抱える女性

ストレスが要因の場合も

病院で検査しても目立った異常が見つからないのに、動悸やめまい、頭痛や下痢などの症状が継続する場合は自律神経失調症の疑いがあります。そもそも自律神経とは自分ではコントロールできない神経のことで心臓の鼓動や汗をかいたりするようなことを制御しています。自律神経には二種類あり交感神経と副交感神経があります。それぞれの神経細胞は、同時に動くことはなく自動的に切り替わりどちらかが稼働しているのです。このバランスが正常な状態から不規則な生活や習慣などが影響しバランスが乱れることで自律神経失調症が起こるのです。特に大きな要因がなくても起こり得ることからまた自律神経の病気であると考えていると本当に病気になったときに早期発見を逃してしまうことがあります。そのため自覚がある場合や親族に疑いがある場合には、体の異常を感じた時には自己判断するのではなく医師に判断や原因解明を仰ぐことが大事なのです。自律神経失調症は正式な病名ではなく本来は別の病名の病気の総称となっているのです。

診断は専門医師の判断

自律神経失調症の原因は様々です。生活リズムの乱れや過度なストレスはもちろんのこと、ストレス体質の弱い人の場合にはなりやすくなります。また環境の変化などによって過敏に反応することで発症することもあります。女性ホルモンのバランスの影響によって引き起こされる場合もあります。自律神経失調症は生まれつき乱れやすい人もいれば身体の状態が芳しくない場合に起こりやすくなる人もいます。感情や疲労など日常生活のストレスを無理に抑えることで発症する場合もあります。このケースで起こるのが最も多いケースです。そしてストレスが慢性的になるとさらに悪化し、うつ状態に発展するとさらに拍車をかけて発症しやすくなります。原因はさまざまであるため自己診断で原因を追究するのはとても難しくカウンセリングなどを通して医師の判断を仰ぐのが賢明です。心理療法はストレスの軽減を行うことにも役立つため、ストレス過多な生活をしている場合にはなおさら効果的な治療法です。生活にゆとりを設けるなどして改善するのが一番効果的です。