原因を知って症状改善|自律神経失調症の治療は心療内科で

自律神経を整えて不調改善

カウンセリング

自律神経と不調

循環器、消化器、呼吸器など、私たちの体は24時間休むことなく活動しています。自律神経はそれらの活動を支える神経です。自律神経には活動時や昼間に優位になる交感神経と、休息時や夜間に優位になる副交感神経があり、必要に応じて自動的に切り替るようになっています。しかし、自律神経はストレスやホルモンバランスの乱れ、過労などの影響を受けやすく、時に交感神経と副交感神経のスイッチがうまく切り替らない事態になります。すると、自律神経がつかさどっている様々な器官に影響が出てきます。頭痛や肩こり、消化不良、耳鳴り、息苦しさ、立ちくらみ、冷え、気分の落ち込みなど、ありとあらゆる器官の不調や不定愁訴も、自律神経の乱れが原因で起こってる場合があるのです。これら自律神経の乱れからくる不調を、自律神経失調症と呼んでいます。自律神経失調症はあらゆる症状が出てくるので、診断が大変難しいと言われています。検査で、身体的精神的に病変がないことが前提ですので、決して自己判断せず、医療機関を受診しましょう。

治療の動き

自律神経失調症の原因は様々です。身体的、精神的ストレスや生活の乱れ、更年期などきっかけになった原因がわかっている場合、まずはそれに応じた対処法を考えていくことになります。リラックスできる時間を作る事、早寝早起き、睡眠時間の確保、適度な運動など、地道に改善していくことが大切です。病院での治療は対処療法が中心となります。精神症状がつらい場合は精神安定剤、胃腸症状には胃薬や整腸剤、更年期が原因の場合はホルモン療法など、症状が多岐に及びますので、それに応じた薬で症状を和らげます。加えて、最近では漢方薬もよく使われるようになりました。漢方薬の場合、個人個人の体質や症状に合わせて薬を出しますので、希望する場合は漢方に詳しい医師や薬剤師にお願いしましょう。また、自律神経失調症の改善に、ヨガや気功、鍼灸や整体、アロマなどの自然療法を取り入れている方も多いです。スマートフォンやパソコンなどはどうしても交感神経優位になりますので、寝る前は控え、ゆっくりとお風呂につかるなど、小さなことから始めていきましょう。